2017年8月大阪セミナー

※こちらの記事に記載されている内容、効果、影響、結果等は個人の感想です。同様の、あるいは、類似したセッションを受けたりイベントに参加したりしても記載されているようなことが起きるとは限りません。

徐々に「日常の」感覚が戻りつつあります。

先週まではどこかボーッとするような感じや体調が悪くなる感じが度々ありましたが、そういったものも薄らぎつつあります。

セミナーやらドラゴンズゲートやらで非現実的な時間が増えていたみたいです。スピリットに目覚めることが大切とはいえ、やはり現実的な仕事や生活を生きていくことも必要なので、「この世」に戻ってくることも今は大事なのかもしれません。

今日は2017年8月26日〜27日の大阪セミナーのことを書いていきたいと思います。

この時は25日から泊まりがけで大阪に出向きました。

イギリスのLWFでMomoyoさんを知っていたとはいえ、セミナー自体は初めて。楽しみと不安とが混ざった感情のまま26日の朝を迎えたことを覚えています。

この時は2日間のセミナーにプラスして、ドラゴンアチューンメントという龍をMomoyoさんが降ろしてくれるセッションがありました。人数制限があったのですが、幸運にもその時は予約をすることができました。ちなみに、この時の大阪でのセミナーは30~40人くらいの規模でした。今年の300人という集客人数を考えると、ここ数年で規模が大きくなっていることがわかります。

それだけ、アセンションに向けて宇宙の存在が仕事をあれこれしてくれている、という意味でもありますね。

26日の午前中。セミナーが始まり、Momoyoさんが鬱や摂食障害の話をしている時、なぜだかわからないけど椅子から仰け反って床に倒れてしまいました。もうこの時から初っ端に何か起こることが運命付けられていたのかもしれません。

セミナーが今と比べて小規模だったので、ペアワークをしている時にMomoyoさんが回って一組一組チェックしてくれていました。その時、「あ、エネルギーの送り方うまいね!」と言ってくれたんですが、正直、あの時は「ただ手を相手にかざしていたのに上手いって?」と困惑していました。上手いと言われることは嬉しいんですが、その実感が全くなかったからですね。

1日目はそんな感じで、体は感じ取っていたけれども、まだ頭はどこか混乱しているという感じでした。あ、でも、とあるワークで「ラーメン」を宇宙にオーダーしたら、ホテルまでの帰り道で立ち寄ったラーメン屋で餃子の追加サービスを受けたのは効果を感じました。

2日目は堀田義樹さんというキルタン奏者の方のワークショップがありました。

キルタンという楽器はなんとも不思議な音色を奏でる楽器で、その音色に合わせて歌っていくワークショップでした。

そしてこれは後になって気づいたんですが、堀田さんは以前にyoutubeで「いつも何度でも」を弾き語りしている動画をアップされていたのですが(もう削除されています)、実はこの動画を大阪のセミナーに来る数ヶ月前から僕は定期的に観ていたんです。「どこかで見たことのある顔だな」とは思っていたんですが…すごい偶然でした。Momoyoさんのセミナーはセミナー前から色々と始まっていると言われていますが、これもその一つだったと思います。

午後はMomoyoさんのセミナーでした。Momoyoさんのセミナーって、2日目は大体カオスになる傾向があるのですが、大阪の時の2日目はとことんカオスでした。

そしてこの2日目の午後に初めて、僕は宇宙人に体を乗っ取られました。Momoyoさん曰く、「とにかくデカイ宇宙人」とのこと。あまりのデカさにMomoyoさんがガチでドン引きするレベルでした。

セミナーの間はずっと体が回り続けていて、じっとしていても自然に回り続けていました。そして回り続ける感覚は2年経った今でも残っています。

2日目のセミナーも終了して、夕方の時間にはドラゴンアチューンメントを受けました。

この時に降ろしてもらった龍が、以前の記事で触れた「黒龍」です。

色はMomoyoさんに聞いたわけではないのですが、一緒にドラゴンアチューンメントを受けた方から、「黒い龍…」とボソッと言われ、自分でも納得できる部分があったので黒龍だと思っています。ただ、龍って色がちょくちょく変わるみたいなので、ずっと黒であるわけではなさそうなんですが。

この黒龍なんですが、どうやらものすごくデカイらしく(先ほどの宇宙人の比じゃないくらい)、出てきた瞬間にMomoyoさんがうずくまってしまうレベル。やっとMomoyoさんが立てたと思ったら、どうやらこの黒竜につられて小さな龍がうじゃうじゃ出てきて、再度Momoyoさんがうずくまってしまうという事態に。その間、僕は部屋の中を駆け回っていたらしいです。

その後、夜行バスに乗って帰宅。帰宅時は仕事が休みだったのですが、しばらく放心状態でした。というか、夜行バスに乗った時点から放心状態だったと思います。体験したことが衝撃すぎて、しばらく体が回ったり、うねうねしたり…不思議な時間を過ごしていました。

2年前の大阪セミナー。覚えていることは多いんですが、あまりセミナーの内容を詳しく書けないのと、何より言葉では説明できないことがあまりにも多すぎるので、これが限界です。

大阪セミナーをきっかけに、「スピリットで生きること」について考えるようになり、自分を見つめる時間が増えた気がします。また、ドラゴンアチューンメントで龍仲間と出会い、お互いを高めあえる仲になれたことはとても嬉しかったです。今でも連絡を取り合っている人もいます。

また、「体感」が高まりました。スピリットにつながった時、龍の存在を感じた時、そういった時に体が揺れたり、笑い泣きしたり、懐かしい気持ちになったり…自分のハートが宇宙のエネルギーに反応する体感はセミナーを通じて得たものでした。

そしてセミナー後も体感を更に感じ取る時間をとったり、龍や宇宙人と交流したり、自分の中の心の問題に取り組んだりしながら、その翌年の2018年7月、東京の雅叙園で2回目のセミナーに参加することになります。

投稿者: dragaliens

30代男性。元教師。 見えない世界に興味がある。 自分を癒やす旅を続けている。

ディスカッションに参加

1件のコメント

コメントをどうぞ

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。