氷室奈美さんの透視画鑑定

※こちらの記事に記載されている内容、効果、影響、結果等は個人の感想です。同様の、あるいは、類似したセッションを受けたりイベントに参加したりしても記載されているようなことが起きるとは限りません。

本日は氷室奈美さんの透視画鑑定に行ってきました。

氷室さんは透視をして視えた存在を似顔絵と共に描いてくれる方で、僕は氷室さんのこの透視画鑑定を定期的に受けています。

これまでは、鑑定を五反田のエルアウラさん、透視講座を高田馬場のNaniyaさんで受けていたのですが、今回は鑑定をNaniyaさんの方で受けました。今までは講座を受けるだけだったので、初めてのNaniyaさんでの鑑定に少し緊張。

鑑定の内容はというと…

⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

【イギリスに行ったことと騎士の前世】

縁がある国、というか地域。その場所に行きたかったのもあるし、そこに「呼ばれ」もした。騎士(軍人)の前世はスコットランドあたりの人で、この人の前世があったからこそ、イギリスを訪れた時に懐かしさを感じたのでは、と氷室さん。ちなみにこの騎士はなかなかの美丈夫らしい。

僕はヨーロッパでの前世が多いらしいのですが、氷室さん曰く上の方々的にはちゃんと理由があるらしく。

今世日本に生まれてきたのは、あえて日本というヨーロッパから遠い地に生まれることで、ヨーロッパに来た時に「懐かしい気持ち」を深い感動として味わう経験をするため…とのことらしいです。確かに、毎日目にしていたら感動って味わえないですもんね。

そして氷室さん的に珍しいのは、僕はヨーロッパでの転生が多い割に、魔女の前世が全く無いこと。どうやら中世の魔女狩りの時代はスルーしたみたいです。代わりにシャーマンの前世は多いみたいで、それは上の方々的には僕は「アミニズムの人」だから、らしいです。確かに、個人的には魔女よりもシャーマンの方がしっくりきます。

【龍】

白龍が二匹、絡みながら頭上をぐるぐるしている。

実はこの時、氷室さんが発言する前に僕が「龍が二匹いますよね、今」と言ったら、龍が二匹いることを伝えてくれました。同じものが視えていたみたいです。見えない世界が視える方と意見が合致したということは、僕の透視の練度も上がっているのかもしれません。練習を続けていて良かった。

ちなみにこの同じくらいのタイミングの別の場所でとあるセッションを受けていたライングループの友達のKさんも、白龍二匹の存在を感知したみたいです。見えない世界は繋がっているとは言え、ここまで強いシンクロが来ると背筋が凍るような感じがします。

龍はエネルギーの流れを表します。二匹が絡んで、DNAの二重螺旋構造のような動きをしていました。龍のエネルギーは螺旋を描くのでしょう。

【来世の姿(宇宙人)と天国】

今回の鑑定で一番驚いた部分です。

宇宙人らしきものを描き始めた氷室さん。輪郭を描いた時、何故か宇宙人の手を合掌のポーズで描いていました。合掌しているように視えたとのこと。

覚えている人がいるかはわかりませんが、7月のMomoyoさんのセミナーで僕が宇宙人に体を乗っ取られた時、何故か参加者の人たちの手を僕が取って合掌のポーズをひたすら組ませていったんですね。

あの時には何故あんなことをやったのか、全く意味がわからなかったんです。宇宙人に乗っ取られていて記憶がやや曖昧だったのもありますが。

でも、今日ようやくわかりました。

あれは来世の僕がセミナーに降りてきたんですね。

そして、この合掌ポーズの意味なんですが、「バランスを取る」という意味だと上の方々は言っていると、氷室さんが答えてくれました。

バランスって大事です。

スピスピし過ぎると現実生活が立ち行かなくなるし、現実的過ぎると無味乾燥な毎日になるし。

あ、勿論、氷室さんにはセミナーに参加したことは最初の方で伝えましたが、宇宙人の合掌を含め詳しい内容は一切事前に伝えていません。こんなシンクロは初めてのことで、かなり驚きました。同時に、あのセミナーで起こったことには意味があり、真実であるということもわかりました。

そして氷室さん曰く、宇宙人の周りにはギュスターヴ・ドレが描いたダンテの『神曲』の挿絵のような、雲と雲の間から光が差しこむ風景が広がっていたようです。そして両サイドには天使の大群がいるのが視えたとのことでした。

そういえば、イギリス出張では雲と雲の間から光が漏れる光景を度々目にしました。その光景がなんとも神秘的であり懐かしくありで、心を打たれたのを覚えています。

こういう所も透視画鑑定に繋がっているんですね。見えない世界の繋がりには本当に驚かされます。

【大天使ミカエル】

イギリスでは龍よりも天使の存在を強く感じたのですが、やはり今も近くで見守ってくれているみたいです。

というか、氷室さんの透視画鑑定は今回で5回目なのですが、宇宙人と天使はほぼ皆勤賞なくらい出てくれています。

ミカエルは確かエネルギー的には不動明王のような火を象徴する存在。とにかくイケイケな状態や浄化作用を表します。

最近、ハートが開いた状態になると光が増したりレインボーが出たりするのですが、あれはどうやら天使が来ているサインらしいですね。龍も光やレインボーは出ますが、どちらかと言えば風や水の変化の方が顕著ですよ、と氷室さんは仰っていました。

心なしか、天使が満足気ですね。氷室さん曰く、上の方々は僕の今の状況を喜んでいて、拍手しているみたいです。

【オーラ】

氷室さんが言うには、僕のオーラは「とてもキレイな紫色」で輝いているとのこと。そして、青紫色、銀色。

紫色がオーラで出ている人は精神世界に興味がある人だったり、生まれる前に決めてきたことが今世で出来ている人だったりするらしいです。

青紫色は精神世界のことを「伝える」性質を表しており、今まさに書いているこのブログがそうみたいです。7月のセミナーの後に始めてみたブログですが、上の方々的には僕がブログを書くことはすごく好ましく、進化を促すことらしい、とのことです。個人的にはただ楽しみで書いているだけなので、そんな気は一切しないんですが。

銀色は内観ですね。最近、とある人のことを考えたり、自分のことを見つめたりする時間がすごく増えたんです。だからこその銀色なんでしょう。

今までの透視画鑑定では寒色系がメインで時々オレンジや緑が出ていただけだったんですが…ここに来てオーラの色が大幅に変わったみたいです。紫色と銀色がこんなに大量に出たことはなかったし、氷室さん的にも珍しいことらしいです。

大きな変化の中にいるんでしょうか。

ちなみに、顎の下にある銀色の筋は正中線です。グランディング出来ている人に現れるものです。今までの透視画鑑定でも正中線は描かれていたんですが、今回のはまさかの極太。よくグランディングできている、ということでしょうか。

【メッセージ全文】

○○様の背後には、現在、来世の姿である宇宙連合の一員と、その背景に天国の風景のような映像が拡がっています。(霊的進化を象徴しているようです)

頭上には白龍二匹がからみあっている姿が見えてきます。「感じるまま、思うままに動くこと、その生き方が時代の先駆け(お手本)となっていきます。」とのメッセージです。

すぐ側で大天使ミカエルの姿があり、「考えていることを形にする時です」と伝わってきます。

前世のひとつである騎士(軍人)だった男性が、その立派な剣を手にしつつ、哲学的思想にふけっている姿で見えてきます。

現在のオーラは、精神性の紫、知性的精神性の青紫、そして内観と悟りの銀も見えます。

⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

以上が主な鑑定内容でした。

もっと他の話や濃い話をしていたんですが、正直書き切れないくらい話していたのと、少しプライベートな領域に入り込むので、ここまでにしておきたいと思います。

鑑定にご興味を持たれた方は、以下にリンクを貼ったので是非クリックをしてみてください。

氷室さんのイベント告知用ウェブサイト(エルアウラさん)

Naniyaさんのウェブサイト

最後に、氷室さんと記念写真を撮りました!

氷室さん、Naniyaの沖沢さん、今日はありがとうございました!

投稿者: dragaliens

30代男性。元教師。 見えない世界に興味がある。 自分を癒やす旅を続けている。

コメントをどうぞ

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。