JCETIのLiquid Soul個人セッションを受けてきました

※こちらの記事に記載されている内容、効果、影響、結果等は個人の感想です。同様の、あるいは、類似したセッションを受けたりイベントに参加したりしても記載されているようなことが起きるとは限りません。

きっかけは昨日の昼頃。午前中の授業が終わり、空き時間を使って午後の授業準備でPCを使っていたときのこと。

なぜだか前から気になっていたJCETIのウェブサイトにアクセスをして、色々な記事や文章を読んでいたら、Liquid Soulの個人セッションを発見。試しにクリックしたら、一気にハートが開き始めたんです。ちなみに、JCETIというのは地球外知的生命体(宇宙人)とのコンタクトを研究しているグレゴリー・サリバンさんが代表を務める団体のことで、Liquid Soulというのは、グレゴリーさんが開かれている高次元エネルギーによるヒーリングセッションのことです。

JCETIのことは実は以前から知っていて、なおかつグレゴリーさんの著書も何冊か読んだことはあったのですが、これまではセッションを受けようとも思わなかったんです。

グレゴリーさんの本。今は左下の「だいじょうぶ!」を読んでいます。

でも何故か昨日は、「セッションを受けたい!この人に会いたい!」という想いが強くなったんですね。後にわかったのですが、これはどうやら宇宙人が背中を押してくれていたみたいです。

そしてなんと、偶然にも2月26日(水)の今日、前日にもかかわらずセッションが一つ空いていたんです!施術内容は自分で選べるんですが、もう一目でピンときた「エーテル手術プログラム(70分)」に決めました。

予約を入れる際には、実を言うと一瞬躊躇する気持ちもありました。自分にしては昨日今日で予約して明日いきなりセッションを受けるのは冒険だし、何よりも値段が値段だったので…でも、そこは宇宙のバックアップと偶然一枠が空いていたというシンクロに身を委ねて、思い切って予約を入れました。

そして本日、都内某所でセッションを受けることに。14時からだったのですが、少し早く着いたので昼食を食べて時間調整をしていました。

14時前になり、セッションルームへ。グレゴリーさんが部屋の中へ招き入れてくれました。

実は以前、2017年の癒しフェアでグレゴリーさんとはお会いしたことがあってその時も思ったのですが、身長が高い!僕は184cmなんで日々の生活ではお相手の方を見下ろす視線になることが多いのですが、グレゴリーさんはゆうに190cmは超えていたので、久しぶりに目線を上げて挨拶をしました。

部屋に到着し、緊張をとくためにしばらく雑談。グレゴリーさんはアメリカ人なのですが、本当に日本語が流暢!雑談も宇宙の話もエネルギーの話も、スラスラと日本語で話していました。おそらく相当勉強されているのだと思います。

雑談中にパンフレットをもらいました。

そして….雑談が終わりかけてセッションに移ろうとしたその時、なぜか僕の両目から涙が流れてきました。体も回転し始める始末。グレゴリーさん曰く、施術が既に始まっているとのこと。自分の体を浄化していたのでしょうか。

施術台の上に仰向けになり、いよいよセッションが始まりました。

グレゴリーさんの後に続いて、アファメーションのようなものを言った後、音楽と英語の誘導音声が流れました。そして、グレゴリーさんは何かチャネリングのようなことをしながら、誘導音声を日本語にしてくれていました。

ここからセッションが終わるまでは本当にあっという間でした。50分くらい仰向けになっていたのですが、体感時間は10分にも満たないくらいでした。深く入り込んでいたから、時間経過を早く感じたのでしょうか。

セッション中の体感としては、

・背中を誰かに触られている感じ(嫌な感じではない)がしました。グレゴリーさん曰く、風門から黒い物(邪念やらネガティブエネルギーやら)が出ていったとのこと。

・レインボーの光が降り注いでいるのが見えた。これはどうやら施術の時に使用するオーロラの光だそうです。

・右手と左手が交互に大きく動いたり回転したりした。足が少し動くこともあった。

・足から頭まで突き抜けていくようなエネルギーを感じた。

・体が横にスライドしたような感じになった。幽体離脱?

・一回目の三輪山の時のように、宇宙人の存在を感じた。

といった感じでした。セッションが終わった後はすごくスッキリして、深い安心感のようなものを感じました。

そして…セッション中に強烈なイメージが出てきました。第三者の視点で見ている風景が何故か鮮明に見えたのです。長い黒髪で、白いワンピースのような服を着た女性(身長が高めで、地球人っぽくはなく、白く光る褐色の肌をしていた)が宮殿の柱に腰をかけて、夕陽とそれに照らされた赤い砂漠を見つめていました。

この映像が見えたことを終了後にグレゴリーさんに話した時に、またも落涙。「他の惑星での前世か、あるいは見守ってくれている存在なのかもしれませんね」とグレゴリーさん。

実は僕、昔から夕焼けが好きなんです。夕陽と茜色になる空、そして澄んでいく空気を感じると、なぜだか心地よくなります。何故そうなのかは分からなかったのですが、このビジョンがその答えだったみたいです。20年以上も気になっていたことの手掛かりが掴めたような気がします。

グレゴリーさん「それにしても、すごかったですね。大勢の宇宙の存在が駆けつけてくれましたよ。羽がついた存在もいました。すごく大きい宇宙人もいました。アンドロメダですね」

正直、情報量が多いのと驚きとで、返答できませんでした。大量の宇宙人が出入りして、なおかつ天使もいて、巨大なアンドロメダ出身の宇宙人が来て…。

ただ、巨大な宇宙人に関しては心当たりがあります。2017年のMomoyoさんのセミナーで、Momoyoさんが僕に「すごくでっかい宇宙人がいる!」と言っていたんですが、正にそれじゃあないですか!

ちなみに、アンドロメダ星人についてザッと調べてみたんですが、結構僕の性格や特徴とリンクしている部分が多いです…。これからはアンドロメダを意識して宇宙の存在と繋がりたいです。

アンドロメダ星人の特徴に関しては、以下のサイトを参照しました。

最後に、ポイントカードをくれました。「スタンプが5つ溜まると一回割引で受けられますよ」とのこと。これは足繁く通わないと。

デザインも凝っています。

「今日は水をたくさん飲んで、ゆっくり休んでくださいね。今日のセッションをきっかけとして、大きく変化していきますよ」と、グレゴリーさん。大きく変化、か。来月には誕生日も来るし、仕事も辞めるしで、更に変化していくのかなー、と考えながら都内を後にしました。

セッション直後はボーッとする感じが続いていましたが、電車に乗る頃には普段通りの意識に戻りました。でも、この記事を書いていたら段々とセッションの時みたいに度々ボーッとしてくるし、しかもさっきからやたら水を飲んではトイレに行ってを繰り返しています。

突発的に受けた今回のセッション。とても充実した気分になれて、宇宙との距離がまた更に縮まりました!

投稿者: dragaliens

30代男性。元教師。 見えない世界に興味がある。 自分を癒やす旅を続けている。

ディスカッションに参加

4件のコメント

  1. いつもブログを拝見しております、有益な情報をありがとうございます*
    特に意味はないのですが、何となくコメントをしてしまいました。
    グレゴリーさんのセッション、氷室さんの鑑定、とても疼くので時期が来たら受けようと思います。
    6月のMomoyoさんのロンドンセミナーに、初めて参加しようとしていてそこから広がり吉田えりなさんと吉村美陽子さんのセッションを1回ずつ受けています。
    はとさん(とお呼びするのが良いでしょうか?)の様にハートが開けると良いなぁと思いながら(ハートを開く次元をかなり超えていますが)楽しく拝読させて頂いております。
    今後のブログ更新を楽しみにしております*

    1. supiさん、この度はコメントをしていただきまして、誠にありがとうございます。6月のMomoyoさんのセミナーに行かれるんですね!季節的にもこの時期のイギリスはとても良いので、セミナーも楽しんで欲しいのですが、初夏のイギリスも是非楽しんできてください。今後もMomoyoさんだけでなく、様々な見えない世界の情報を発信していきます!

コメントをどうぞ

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。