Spiritual Anatomy サイキックカウンセリングを受けました(3回目) 後編

※こちらの記事に記載されている内容、効果、影響、結果等は個人の感想です。同様の、あるいは、類似したセッションを受けたりイベントに参加したりしても記載されているようなことが起きるとは限りません。

前回の続きです。

ドラゴンヒーリングも終わり、ふたたびSさんへの嫌悪感のマインドセットを探していました。

しばらくえりなさんと二人で考えながら進めていって、ようやく答えに辿り着きました。それは、僕には「バッシングを受けたくない」というマインドがあるということ。

えりなさん「Sさんの、非難されたりバッシングされたりしても、自分のブランドで楽しんで仕事をしているところが気になったのでしょうね」

そう言われて、深く納得しました。

この記事を読んでいる方の多くはそうかもしれないのですが、ネットであろうが現実であろうが、バッシングを受けるのって嫌ですよね。それが人気の裏返しだと開き直ることができればいいのですが、そうでない限り、叩かれるって相当に辛いことだと思います。

僕自身、炎上したりバッシングをくらったりしたことはないにですが、そういった事態になった人を見るたびに戦々恐々としていました。自分の身に起こってもいないのに、そしてバッシングを受けている当の本人はそれ程傷ついていないかもしれないのに、何故か自分がダメージを受けていたような感覚に陥っていました。思えば、それもマインドが勝手に作り出した幻の痛みだったんですね。

そしてこの「バッシングが怖い」というマインドがあるため、「自分のブランドを確立して、世間のカテゴリーから外れていく自分」が作られていくのが怖かったのです。出る杭は打たれる、とは言いますが、それが怖かったのです。

勿論、どんな形であれ目立つ人というのは良い意味でも悪い意味でも注目の的になります。応援する人もいれば、意地悪…というと聞こえが良いすぎますね…叩く人もいます。

今まで「こうあるべき姿」というものに必死になっていたのは、バッシングされたくなかったからだったんですね。でも、貼られたレッテルを「演じて」いれば確かに叩く人はいませんが、頑張って本当の姿を抑圧していたストレスは相当なものだったのでしょう。前回の記事でも書きましたが、それで実際に鬱になりましたから。

ひょっとしたら…というかひょっとしなくても、Sさんは、僕が自分の抑圧している心に気付かせるために現れてくれた存在なのかもしれません。でも、それが巧妙にマインドによって隠されていて、なおかつ自分でも覗いてみるのが嫌だったので、面識もないのにSさんに対して嫌悪感を抱いて悶々とするという状態を作り出したのでした。

この世は自分を写し出す鏡、という言葉を聞いたことがあります。目の前に起こっている現象は自分の心が顕在化しただけにすぎない–––鏡の中の自分(現実世界での相手)は変えることができないけど、鏡の前にいる自分(現実世界での自分自身)を変えることはできる。鏡に寝癖が付いている自分が見えたら、誰だって鏡の中に手を突っ込むことはしませんよね。自分の髪をいじって終わりです。

そうか、自分は「Sさんという鏡に映った自分にああでもない、こうでもない、と言っていたんだ…」と気付きました。完全な一人相撲ですね。側から見れば本当に喜劇そのものですが、それを本気でしていて、なおかつそのことに気付かないというところがマインドの恐ろしいところです。

前回も確か宇佐美さんとそういった話をしたのですが、マインドが外れた瞬間って、マインドに今までずっとしがみついていた自分が滑稽に見えて、ただのコメディなんだなと思えてしまうんですよね。根深いマインドほど、外れた瞬間に壮大なコメディに変わるのかもしれません。

根深いマインドを長時間探っていたことに加え、前々回同様ヒーリングが長引いたので終了時間をまたオーバーしていました。

セッション終了時に延長料金をその場で払おうとしたのですが、「事務局から延長料金の請求書を改めて送るので、そちらでお支払いをお願いします」とえりなさん。どうやら、前回ダイレクトに延長料金を払ったことが事務局的にNGだったらしく、色々とあったそうで…えりなさん、Cocoro Collegeのスタッフの方々、その節は大変失礼しました。申し訳ございませんでした。

全て終わって外に出た時には、どこか晴れやかな気持ちになっていました。

未だに昨日、今日とSさんのブログは見ていますが、「なるほど、こうやってアンチをあしらえばいいのか」とか、「ビジネス化ってこうするんだ〜」など、学ぶことが多くなりました。でも、本人に会いたいとは思えないんですよね。そういえばセッション中にえりなさんに言われたのは、そのSさんと僕は性格的に真逆すぎる(すごく計算高いSさんに対して、僕はそういう要素が無いらしい)から会うことは無いかもしれないとのこと。まぁ、無いなら無い方がいいかもしれません!それでもブログは定期的に見ちゃうかも。

次のカウンセリングは、4月の神戸セミナー後かもしれません。少し時間を置いて、内観の時間を取りたいと思います。

投稿者: dragaliens

30代男性。元教師。 見えない世界に興味がある。 自分を癒やす旅を続けている。

コメントをどうぞ

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。