四元素による浄化

WordPressにある無料で使える画像を使ってみました。文字だけのブログ記事もなんだか味気ない感じがするな、と思っていたのでちょうどよかったです。気が向いたときに使ってみます。

今日は久しぶりに外に出ました。とは言っても、近所のポストに郵便物を出すだけだったので、10分程度しか歩いていませんが。

やはり外を歩くというのはいいものだ、と久しぶりに思いました。季節の移り変わりを感じられますし、何より開放感があります。特に今日は気温がやや高くも湿度が低い、サラッとした暖かさが気持ちよかったです。イギリスに住んでいたときに感じた、初夏のような気持ちよさでした。

その散歩でふと思ったのが、そういえば最近、自然を身近に感じていないということでした。外出自粛のムードの中なので仕方のないことではありますが、やはり自然の中を散策したいです。

大都会では人々の念やら想いやらが強い場所もあり、たまにですが突然気分が悪くなることがあります。一方で自然、特に人間の手が入っていないような場所は空気が澄んでいて、何時間でもそこにいたくなります。今は田舎と都会の中間のようなところに住んでいますが、ずっと家にいるせいか閉塞感のようなものがあるのも事実。

山に行ったのは1月の三輪山以来なので、山の空気に飢えているというのもあるのかもしれません。今は遠出ができないのですが、近くの山にちょっとだけ行って気分転換をしてこようかな、と思っています。

これはスピリチュアル業界で働いている人あるあるらしいのですが、特にエネルギーワーカーやヒーラーさんなど、人の念をダイレクトに受けやすい職業や性質の人は、裸足で土の上に立って念を大地に流している人が多いです。イベント会場で休憩時間に外の土の上でしばらく立っている人を実際に見たこともあります。

あるいは、コップに水を入れておいて、鑑定が終わったらその水を捨てる、という人もいます。水に相談者の念を入れて、影響を受けないようにしているんですね。

浄化には、火、地、風、水の四元素が有効とされていますが、先ほど書いた二つの方法は地と水ですね。火は扱いが難しいし、風は室内だと空気が滞ってしまうこともあるので、比較的扱いやすくて手頃な地と水を利用する人は多いです。

念を受け取りすぎたな、とか、生霊を飛ばされたな、等あった場合の応急処置として四元素を利用してみるのもいいかもしれません。ただし、特に火の扱いには注意するという点と、念や生霊を弾き返すような心身の健康作りがそもそも大切という点を忘れないでください。

投稿者: dragaliens

30代男性。元教師。 見えない世界に興味がある。 自分を癒やす旅を続けている。

ディスカッションに参加

4件のコメント

  1. 昨日はまるで自分じゃない自分になりました。会社のとある人とまったく同じことをしていました。自分を保ちたいだけだったのに、まったく真逆になりました。毎日、こんな感情に支配されていたんだとおもうと、決して幸せではない。きっと私の中にも、そうした低い感情があったのだ。それがなんとみっともないことか。それをわからせ手放させるために、その人に会ったのかもしれません。今日の朝は少し早目に出て、自然を目に触れ、手に触れる時間を取り、自分を取り戻そう。

    1. 自然はリセットをしてくれますね。喧噪から離れて深呼吸するだけでも違います。とくに自分んを見失ってしまったときはいいですよね。

  2. ちょうど勝ち負けのブログを振り返って読んで、共存の収まり具合を模索してるうえでの必要な経験だったのだと思いました。やっぱりこのブログはたくさんの気づきをくれるブログです。m(__)m

コメントをどうぞ

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。