食事に思うことあれこれ

教師を辞めてなにが嬉しかったかというと、昼食の時間が十分にとれることです。ゆっくり味わって食べられるということの素晴らしさを噛みしめています。

昼休憩の時間には勿論食事をする時間なのですが、教師をしているとこの昼休憩の時間に生徒対応をすることがよくあるので、昼ご飯を食べないまま午後の授業に行くこともよくあります。

授業と授業の間の10分休憩にお菓子を少しつまんで空腹を誤魔化しながら働くというのもしたことがあります。それくらい、休憩時間は無いようなものでした。

実はひっそりと憧れているのが、よくドラマである昼休憩に会社員がオフィスの近所にあるカフェやレストランで食事をするというもの。会社員の友人数名に聞いてみたら、実際のところ、そういったことはせずにオフィスで弁当ということを聞いたのですが、やはり憧れではあります。

食べ物は人間が生きていく上で欠かせないものです。

最近では菜食や不食(ブレサリアン)といったものが出てきていると聞きました。菜食にも種類が色々あるらしいのですが、これは肉を抜いた野菜のみの食事法ですね。不食は、最初聞いたときは都市伝説かと思ったのですが、本当にいます。野菜をミックスした飲み物を最低限飲んだり、太陽光からエネルギーを吸収したりするだけで、食事を全く食べない人です。

個人的には食事を楽しみたいと思うタイプなので、菜食も不食も他人がやるのは自由だけど自分がやるのはNGです。実はちょっと前に肉を一切ぬいた生活にトライしたことがあるのですが、2日目でリタイアしました。やはり肉は大切だな、と。

食用肉には加工された時の動物の恐怖心が残っているから食べるのはよくない、と聞いたことはありますが、実はあまり感じたことはありません。楽しんで食べているからでしょうか。あとは、残さないし、食べても肥満や浪費などを後悔しない性格だからかもしれません。ただもちろん、バランスは考えていますが。

スピリチュアル業界でも食べ物に関しては様々な見解があると思いますが、僕は「出されたものを無駄にせず」、「味わって楽しんで」、「バランスよく」食べるというこの3点が出来ていればいいんじゃないか、という考えでいます。人によっては「肉を食べるとオーラが見えない」とか、「ジャンクフードを食べると生霊に憑かれやすい」とか言う人がいますが、そういう体質なだけではないのかな、と思っています。ちなみに僕は肉もジャンクフードも好きですが、オーラは見えますし、生霊は憑りつかれる前に弾き返しています。

「出されたものを無駄にしない」というのは命を大切にします。植物や他の生物の犠牲のもとで生かされているのです。

「味わって楽しむ」ということは心を大切にします。季節を感じる、会話を楽しむ、五感を刺激することは心を豊かにします。

「バランスよく食べる」ことは身体を大切にします。免疫力を高めて健康を維持することこそグランディングなのです。

投稿者: dragaliens

30代男性。元教師。 見えない世界に興味がある。 自分を癒やす旅を続けている。

ディスカッションに参加

4件のコメント

  1. ゆっくりご飯を召し上がることが出来てよかったですね\(^-^)/
    健康にも良いことですし。
    食べたいものをバランスよく、感謝し食べるって大切ですね。

    1. robeさん、この度はコメントをしていただきましてありがとうございます。ご飯は食べるだけの行為ではなく、味わい、楽しんで食べるという意味もありますから、その時間って大切ですよね。

コメントをどうぞ

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。