宇宙人や龍が入ったときのあれこれ

日常生活で手でポーズをとるときがあります。以前にも紹介したことがある宇宙人からのI Love Youのポーズ以外にも、実に様々な手のポーズが出てきます。

そういう時は必ず宇宙人や龍が入っているときで、身体の回転として現れることもあれば、手のポーズとして現れるときもあるし、身体全体の動きのときもあります。

初めて龍が入ったと実感したのは、2015年5月にロンドンでMomoyoさんのイベント用ミニセッションを受けたときで、その時は腰を前にして前進したり、一気に落とされたりといった動きでした。今みたいに身体が回ったり、手のポーズをとったりするのが日常になってしまうとは思いもしませんでした。

手のポーズに関してはすごく不思議です。自分でもしたことがないようなポーズをとります。

上の存在が入ったときの動きの変化は、宇宙人や龍の「個性」が出ていると思っています。

手のポーズで立っている指が多い場合は、エネルギーを上げる手助けをしてくれる存在が多いです。高次元とつながるアンテナの役割を果たしています。

手でも身体でも、回転する動作はヒーリングの場合が多いです。何らかのブロックを外したり流したりします。

打楽器のように床や自分の身体をたたいて音を出すのは、場のエネルギーや次元を上昇させる存在が来ているときです。

涙を流すことと笑うことは、以前吉田えりなさんも仰っていたのですが、根本的には同じエネルギーであり、同じ浄化なのです。自分をヒーリングしているのですね。ただ、他人に対して泣いたり笑ったりする場合は、自分を通して上の存在が相手のヒーリングをしています。そういえば以前、あれは確か2018年の東京セミナーだったのですが、とある参加者の方がすごく深刻な過去を話していたのですが、なぜだか笑いがこみあげてきたときがあります。常識的に考えてすごく不謹慎ですが、会場のあちこちから笑い声(クスクスではなく、ガハハとかゲラゲラとかいうレベルの)があちこちで出ていて、同じ現象が起きていました。あれはあの参加者の方をヒーリングしていたのかもしれません。

これは僕自身に起こったことはないのですが、壁に頭をつける人もいます。その方は、「宇宙から降りてくる情報を受け取ったり、エネルギーをチャージするためにつけている」と仰っていました。

龍の身体になるパターンもあります。これは2018年、2019年の東京セミナーで起こったことなのですが、身体全体が龍になったことがあり、しばらくの間動けなくなりました。代わりに空中を泳いでいる感覚(うまく説明できないのですが)で、足をウネウネさせていました。これは何の効果、というか意味があるのか未だに不明です。

大まかですが、龍の動きと宇宙人の動きの違いも少しずつですがわかってきました。それでも、両者のどちらなのか判断がつかない場合もありますし、大勢でバーっと来られることもあってカオスになることもあるので入れ替わり立ち代わりのときもあります。

上の存在が入ってくることはいいのですが、人前で突然手がクネクネ動いたり、身体が回ったりすると怪訝な目で見られることがネックです。今では仕方がないと思っています。

投稿者: dragaliens

30代男性。元教師。 見えない世界に興味がある。 自分を癒やす旅を続けている。

ディスカッションに参加

2件のコメント

  1. えっ。いいところと、困るところがあるんですね。(((^^;)

  2. なんとスーパーでドラゴンポテトなるもの見つけ購入しました。龍の皆様のことを思い出しての即買いでした!

コメントをどうぞ

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。