スピリチュアル世界の情報に必要以上に惑わされないために

スピリチュアルというジャンルのブログやyoutubeの動画で、やたらと「二極化」や「ゲート」といった情報で焦りを煽っているようなものが多く思います。実際に僕自身もそういった情報に心が乱されたり、あるいは自分がそういった情報を発信しているんじゃないかと反省したりしたりすることもあるので偉そうなことは言えないのですが、一部にそういった情報を発信している人がいるのも事実。

個人の視方によっては、現実にそういった二極化が起こったり、ゲートがあったりするのもまた事実。(ちなみに僕は二極化は現在進行形で起こっていると感じていますが、アセンションのゲートに関してはあまりあるようには思えないです。)その人の視方の世界なので、その情報自体を発信するのは全然問題ないと思います。

しかし、やはり伝え方は考慮する必要があるのかな、とも思えてきます。たとえわざとそういう意図で発信をするつもりがなかったとしても、誤解を受けてしまうような伝え方には注意すべきです。これは自戒も込めて。

勿論、100%発信者の意図が受け手に伝わることも(テレパシーでなければ)不可能な話なので、少しの誤解が生じるのは仕方がないかなぁ、とも思えてきます。

だからこそ、スピリチュアル業界で仕事をする人も、その中でセミナーを受けたりイベントに行ったりする人も、「自分はどうしたいのか」と常に自分に問いかけることが必要なのかな、と思えてなりません。

精神世界では、「自分を癒すのは自分」とか、「自分の中に神がいると気付く」とか、「嫌いな相手は自分の写し鏡」…など、「すべては自分の中にあるんだよ」ということを手を変え品を変え繰り返し説明しているのです。

きちんとグラウンディングが出来ていれば、そういった情報に必要以上に振り回されることも少なくなってきます。スピリチュアルはグラウンディングに始まり、グラウンディングに終わる、という言葉を聞いたことがありますが、正にその通りです。

グラウンディングをして揺れることはあっても折れない柳のような自分軸を作れば、スピリチュアルな世界で得られる恩恵は出てくるのです。

投稿者: dragaliens

30代男性。元教師。 見えない世界に興味がある。 自分を癒やす旅を続けている。

コメントをどうぞ

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。