先祖供養の話からアセンション

>ちょくちょくネタにすることはできないかもしれませんが、何か変化があったらまた書いていこうと思っています。

とか前回の記事で書いておきながら早速ネタにする矛盾。

今朝も供養を済ませて仕事をしていると、一通のお仕事依頼のメールが。

そのメールの送り主の方から昨年の1月くらいにお仕事を受けたことがあるのですが、それっきりとなっていました。以前からちょくちょくお仕事はいただいていたのですが、昨年2月以降はさっぱり。半ば忘れていたのですが、今日になって突然依頼が舞い込んできたのです。

昨日書いた記事も加味して考えると、どうやら先祖供養をすると仕事の話に繋がるのかもしれません。

そういえば以前、透視画家の氷室奈美さんが透視講座で話されていたのですが、「チャネリングの精度を上げたいとか、ヒーリングの能力を上げたいといったご相談をされる方には先祖供養が効くと言っています」と話されているのを聞いたことがあります。どういう仕組みで効くのかは失念してしまいましたが、実際に氷室さんも先祖供養をした後に効果を実感したとのこと。

僕の場合はそういったチャネリングの精度といったことよりも、現実の仕事の方にすごく効果が出ていると思います。個人差があるのでしょう。

そしてまだ先祖供養を始めて日は浅いのですが、これって幽界(4次元領域にある恨み・妬み・苦しみといった感情が渦巻く世界)を浄化しているのかなと感じています。アセンションというのは5次元以上の高次元に還っていくことなのですが、3~4次元で生まれ変わりを繰り返してきたために、多くの人類は次元上昇がこれまで成功してきませんでした。4次元の幽界や冥界といった存在があったからですね。

でもそこが浄化されている。勿論、僕一人でやっているわけではなく、そして先祖供養という形だけでなく様々な形で多くの人々がやっているからこそ、今の地球は次元上昇に向けて加速しているのかなぁ、とちょっと壮大ですが思っていました。

少し飛躍はしますが、だからこそ、アセンションってそんな大それたことをする必要がないんじゃないか、とも思っています。亡くなった方々に手を合わせる、物や人を大切に扱う、自分をいたわる、内面の豊かさを見つめる…すごくお金がかかることでもないし、ハードルが高すぎるわけでもない。身近にあることを大切にすることがアセンションなのでしょう。

島津さんの「先祖供養は先祖のためだけでなく自分のため」という言葉に、「そして地球と人類のため」と心の中で付け足した雨上がりの午後。

投稿者: dragaliens

30代男性。元教師。 見えない世界に興味がある。 自分を癒やす旅を続けている。

コメントをどうぞ

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。