あの時に感じた愛の波動

明けましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いします(もう既に1月も終わりですが)。

今日は出張先の近くにあるホテルからアクセス。明日(日付的には今日)も朝早いのに夜にブログを書いています。

いつものようにネタが無かったのですが、色々と内観をする期間だったというのも事実。内観をしても相変わらずボヤけているようなこともあるのですが、落ち着けるようになったのも事実。少なくとも、12月の氷室さんの鑑定の時より、そして11月、10月、9月、8月と遡って振り返ってみたときに、その時よりもはるかにクリアになったのも事実。やはり時の流れというのは最大の癒しなのかもしれません。

内観の過程で得た教訓の一つは、「失敗は学び」であるということ。

正直、僕は失敗をすることが怖いです。失敗をすることで人は成長するとわかっていても、それが成功のために必要なステップであることが分かっていても、怖いです。某ドラマの医者みたいに「私、失敗しないんで」とか言えたらいいなぁ、と思います。

でも人は失敗します。人間なんだから当たり前ですね。

上の存在から来るメッセージは本当に前向きです。こっちが深刻に悩んでいるのに、「へーきへーき、また始めればいいじゃん」とか言ってきます。こちらとしてはムッとするかスルーするかのどちらかなのですが、同時に根底にはやはり愛が存在しています。その時は怒りとか悲しみという愛とはかけ離れた波動なので同調することができず、なかなか感じられないのですが、ふとした時に、モードが変わって上の存在の愛の波動と同調し始めます。

同調すると、不思議なのですが、「全てがOK」になるんです。憎いあの人も、不甲斐ない自分も、ストレスフルな場所も、嫌な情報も、そして失敗さえもOKになります。

これは理解する、というよりも、全ては完全だと知っている、もしくは完全であることを思い出す、と言った方が合っている感じがします。言葉ではなく、「あ、そうだよね」と、わかるのです。

愛の波動と同調する度に「全てがOK」となるのですが、それは波動レベル、魂レベルでの話なわけで、ふと我に返ると感情やら思考やらが戻ってきて「あのヤロー!」とか「クソがー!」と、振り出しに戻ります。でもある時また愛の波動と同調して、そして戻る…というのを繰り返していました。

そして繰り返していて、ある時ふと、「失敗は成長」という意識に辿り着いたのです。そこに辿り着いた瞬間、うまく表現ができないのですが、自分の中で何かが輝き出したのを感じました。

行ったり戻ったりはしていても、変化はしている。三歩進んで二歩下がるようなもので、ちゃんと成長している。それは目に見えない変化である場合もあるし、現実的な目でみたら一歩進んで六歩下がるように思えるかもしれないけど、魂で感じたらちゃんと成長している。

あの時感じた何かの輝きは、「失敗は成長」ということだけでなく、もっと大事なことを教えてくれました。それは言葉でうまく説明できないので文字に起こすことができないのですが、確かに「その感覚」があったのです。だからこそ、「失敗は成長」という言葉までしか表せず、その先の体験にふさわしい言葉が見つからないので、この表現となりました。

あえて言うのなら、「人生で何が起きたとしても、それは成長のためにあり、失敗も成功も大切な体験で、それを我々は経験する感動を味わっている」といった感じでしょうか。綺麗事に聞こえますが、あの時に得た感覚は、全く綺麗事に聞こえず、すんなりとハートが振動する感覚として感じることができました。やはり、感覚を言葉にすることはハードルが高いですね。

この記事も、多分それを文字化するために書いたのですが、この記事を読みながら、あの時の感覚がうまく伝われば、そしてあわよくばあの感覚が皆さんに波動として伝われば幸いです。

投稿者: dragaliens

30代男性。元教師。 見えない世界に興味がある。 自分を癒やす旅を続けている。

コメントをどうぞ

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。