引っ越し完了!

ようやく引っ越しが完了しました。昨日から新居での生活が始まっています。

実は先週末から荷物などの運搬は完了していたのですが、電気の手続きに時間を要したり、家電製品の到着が遅くなったり、水道の水漏れが発覚したり…と色々あったため、3日間くらいはホテル暮らしをしていました。

そういった問題も無事に解決して、ようやく新天地での新生活が開始。久しぶりの一人暮らしを満喫しています。

家具はまだ揃っていなかったり、ネット環境もまだなかったり、とまだ不便なところもありますが、少しずつ充実させていきたいです。ここのところ一気に色々とやりすぎて疲れ果てています。

引っ越し初日には近所の氏神様にご挨拶に行ったのですが、なんとそこの御祭神は実家から比較的近所にある大きな神社の御祭神と同じという事実が発覚(しかも御朱印も持っている)!なんだか運命的な繋がりを感じずにはいられません。

土地にはその土地の神様というのがいて、それが多くの場合は地域の神社の「氏神様」です。新たに越してきたら挨拶をしたり、定期的にお参りをする等して、その土地に住まわせてもらっている感謝を伝えると良い、というのはスピリチュアルな世界ではよく聞く話です。

旅行や出張に行ったときもその土地の神社にお参りすると良いとされていますね。

人への挨拶は勿論ですが、やはり見えない存在とも上手くやっていくためには、挨拶が必要になる場合もあります。しなかったからといって罰が当たるとかは無いですが、人間関係と一緒で、挨拶があるとないとでは何かあったときの接し方も変わってきます。

挨拶といえば、最近は引っ越しの時の近所への挨拶をしない人もいるみたいですね。防犯上の理由から仕方なくできない、という人もいるらしいです(特に女性の一人暮らし等)。

個人的には馴れ合いをするつもりは全くないですが、最低限顔と名前は把握しておきたいな~、と思ってはいるので、挨拶はするようにしています。先ほども言いましたが、時間が経って何かあった時に、「初めまして」から始まるのと、「こんにちは」から始まるのとでは印象が違いますからね(そして自分に非がある場合は気まずくなってしまいますから)。

神社の神様や眷属もそうかもしれません。お願いがある時にだけ来る人と、足繁く来てくる人では、印象って違うんじゃないかな、と思います。ただし個人的には、大体の神様は何でもウェルカムな感じがして、眷属は世俗的で、挨拶とか儀礼とか義理みたいなのを気にする感じはします。

投稿者: dragaliens

30代男性。元教師。 見えない世界に興味がある。 自分を癒やす旅を続けている。

コメントをどうぞ

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。